不要品の買取事例

平素より弊社のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

愛知県全域にて不用品回収やリサイクル業務を承っております不用品回収ピース愛知でございます。

早速ではございますが、本日は不用品の不法投棄についてお話いたします。

不法投棄とは法令に違反した処分方法で廃棄物を投棄することをいいます。
山や川に家電やタイヤなどが捨てられている光景を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?不法投棄は個人であっても法人であっても1000万円以下の罰金もしくは5年以下の懲役と、厳しい罰則が科される、犯罪です。
法令で決められた処分方法が面倒、処分費用が高いといって、始めは「バレなければ分からない」という出来心で廃棄しだすところから始まります。次第には感覚が麻痺して不法投棄に罪の意識がなくなってしまいます。
そして一人が廃棄してしまうと、同じように二人、三人と続いて廃棄し出し、やがて廃棄物の山が出来上がります。一つのゴミがたちまち十倍二十倍と膨れ上がり放っておくと誰も手が付けられない状態にまで至ってしまいます。不法投棄は自分ひとりだけの行為ではないという自覚が大切です。

また不用品回収をお願いする際は、回収業者はしっかりとした業者を選んでください。最終処分場での処理費用が高いために、使えそうな部品だけ取り出して残りは不法投棄をする業者も信じられませんが多くおります。
例えば会社の規模や担当者のスタッフの対応、最後まできちんと責任を持って廃棄処分をしてくれるのかなどです。相見積もりをして、一番信頼できそうな業者を選びましょう。

弊社は委託した産廃業者がどの様な手段で最終処分を行ったかを把握しております。マニフェスト制度といいこの権利を施行して産廃業者に最終的な処分方法を確認しております。例えば産廃業者が秘密で不法投棄をした場合、産廃業者より処理終了の報告を受けていないために、適切に処理するように求めたり、その旨を都道府県や政令都市に報告しなければなりません。

どのような方法で隠しても不法投棄はいずれ見つかります。
不用品がありましたら、是非弊社までご連絡ください。買取も強化中です。
買取った不用品の80%はリサイクルとリユースし、新たな買い手の方へと渡っております。

不用品を適切に処理し、地球にも私たちにもやさしいエコ活動を行いましょう。
長くなってしまいましたが、本日も最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。
今後とも不用品回収ピース愛知をよろしくお願いいたします。

2019.01.08

| [不用品名古屋]不要品の買取事例TOP |

  • 不要品について
    対応品目
    ご利用の流れ
    不要品の行方
    法人向け不用品回収サービス
    よくあるご質問
  • サービス一覧
    不要品サービス
    買取サービス
    リフォーム・ハウスクリーニング
    引越サービス
    整理整頓サービス
    遺品整理
  • 当社について
    当社の強み
    プライバシーポリシー
    会社概要
    不要品の買取事例
    スタッフ紹介
  • ご利用いただけるクレジットVISA/JCB/MasterCard/AmericanExpress
  • ペイペイ使えます
  • 万が一の際には損害賠償保険
  • 無料お見積りメールフォーム
  • 各種許可証

    ●産業廃棄物収集運搬業許可証
    愛知県 第 02300166157号
    東京都 第13-00-166157号
    神奈川県 第01407166157号
    千葉県 第01200166157号
    埼玉県 第01100166157号
    ●一般廃棄物収集運搬業許可証
    [安城市]指令25ご推第19-22号
    [愛西市]25愛西環許可番号第17号
    [あま市]第25-12号
    [大治町]25指令大廃棄第9-13号
    [さいたま市]さいたま市廃許可 第359号
    ●家電リサイクル券システム取扱店番号
    223250079616
    ●古物商許可証番号
    第451930006291号 第542791100800号
    ●解体工事業番号
    愛知県知事(登-25)第937号
    ●遺品整理士
    一般社団法人 遺品整理士認定協会

  • 不用品回収スタッフ求人、経験不問
  • 不用品回収にともなう不動産売却は私たちにお任せください!

携帯・PHSからもOK!お問い合わせのみも歓迎!

0120-753-919メールでお問い合わせ