名古屋市東区の皆様

無料お見積りはこちら

不用品回収 名古屋 TOP>名古屋市東区

名古屋市東区で不用品処分をご検討の皆様

名古屋市東区の皆様へのお知らせ

不用品買取り強化中! 各種不用品買取り強化中!
テレビ、エアコンなどの電気製品、タンスや、机などの家具合わせて買取を強化中です。しっかりと査定させていただき、積極的に買取を検討させていただきます。そのため「これは処分品か買取品かどうか」と思ったものがあれば是非、お尋ね下さい。お見積りさせていただきます。
回収後はお掃除も! 回収後はお掃除も!
不用品回収ピースでは、来たときよりも美しくということをモットーに仕事をさせていただいております。 不用品回収をさせていただいた後に、しっかりと掃除をして、回収の後を残さないように心がけております。そのため汚れてほしくない、掃除したばかりである、お客様のご住居を美しいまま保ちます。 キレイ好きなお客様でもきっと満足していただけると考えております。
不用品回収を思いたったら 不用品処分不用品回収を思いたったら
すぐに不用品回収をしてほしいという方は、インターネットまたは電話でのお問い合わせを受付けております。 こんな不用品は回収できる?というような疑問にまでしっかりとお答えするので、「相談だけしてあとは様子を見てみよう」ということでもかまいません。 お客様の疑問に感じられていることについて精一杯の返答をさせていただきます。 お気軽にお問い合わせ下さい。
ピースなら「時短」をお約束! 不用品回収ピースなら「時短」をお約束!
名古屋市東区を担当する不用品回収ピースはスピーディーな対応を常に心がけているため、お客様をお待たせすることはありません。 回収作業・買取査定・お会計でもスムーズに対応をさせていただき、 お客様のお時間を有効活用できるように精進しております。

名古屋市東区の不用品のお悩みはピースに

不用品処分と粗大ごみ廃棄のお悩み表

名古屋市東区のスタッフより
最後まで責任を持ってご対応!
一人暮らしで、片付けがはかどらない、いらないものが多いという方のお手伝いもさせて頂きます。名古屋市東区の不用品回収は不用品回収ピースにお任せ下さい。回収・処分作業は、最後まで責任を持って遂行させていただきます。そのためお客様のほうでは、お荷物を預けていただくだけで結構ですのでご安心下さい。 地区ごとの特性をしっかりと理解したサービスをご提供しております。

急な引っ越しにも不用品回収ピース

お引越しの時には、使わないもの、収納に入らないものの処分、整理というのが一番手間のかかる作業になってしまうことが多いです。 私達は少しでもそのような方の力になれればと考えております。 ご自身で部屋の片づけをしてもらい、その一方で私たち、不用品回収ピースが粗大ゴミや、不用品の回収、処分をさせていただきます。 時間を効率よくご利用されたいという方は、一度、お問い合わせ下さい。 最も効率の良い方法での作業を、ご提案させていただきます。

不用品処分とゴミ廃棄

beforeafter

フリーダイヤル 0120-926-114

名古屋市東区の歴史・データ

東区(ひがしく)は、名古屋市を構成する行政区16区のうちの一つ。1908年(明治41年)の区成立時の名古屋市において東部に位置した地域であったことからこの名がついた。
東区は名古屋台地と呼ばれる海抜20m弱程度の台地の北端に区域の大部分が位置しており、区内では縄文期のものと見られる貝塚や弥生期のものと見られる土器が発見されている[注 8]。 江戸時代前までは基本的に寂しい農村といった感の地域であった当地域において、本格的な町づくりが始まったのは徳川家康による名古屋城築城の命に伴う清須城下からの藩士や寺社・町家などの移転である清須越が1610年(慶長15年)に開始されてからである。清須越により名古屋台地の北西部縁辺に名古屋城が築城され、名古屋城からみて東 - 南方向に城下町が形成された。このうち現在の東区地域は名古屋城から見て東に位置することとなる[注 9]。名古屋城築城以降、現在の白壁・代官町・黒門町・百人町などの武家屋敷が並んだ町、あるいは善光寺街道(現在の国道19号)や木曽街道(現在の国道41号)沿いの岐阜・長野方面への街道筋の町として発展していった。その当時は現在の東区北東部である大曽根・矢田・大幸といった地域は農村地帯として名古屋城城下への農産物供給地だったと考えられている。
「名古屋市東区」の誕生は1908年(明治41年)4月1日であり、名古屋市における区制施行により生まれた4区のうちの一つである[注 2]。当時の名古屋市における東部地域であったことからこの区名がつけられた。1921年(大正10年)には千種町・東山村・清水町・杉村・六郷村が東区に編入され、区の面積も29.5km2と現在の約4倍となったが、その後人口の急増などにより処理すべき事務量が増え区役所での事務取扱に大きな支障が出るようになってきたことから、1937年(昭和12年)には千種区が、1944年(昭和19年)には北区がそれぞれ分離されている。太平洋戦争時後期 - 末期においては名古屋大空襲など度重なる空襲により、航空機など軍需品の生産工場施設があった矢田・大幸地域[注 11]および名古屋市都心部である東桜・葵地域を中心に甚大な被害を受けた。
戦後、1946年(昭和21年)の学区再編成で六郷学区が北区に編入されたことにより東区の区域はほぼ現在の形となり、その後名古屋市における住居表示実施などにより周辺行政区との間で一部町域の移動を経ながら現在に至っている。1987年(昭和62年)には区のシンボルマークが制定された。また、2008年(平成20年)には区制施行100周年を迎え、各種の記念式典や行事が開催された。 町の歩みを示すものとして、東区内には徳川園・徳川美術館・逢左文庫・建中寺といった江戸時代の尾張藩(尾張徳川家)にまでそのルーツを遡れるものや城下町の面影を残す「町並み保存地区」(白壁四丁目・主税町・撞木町の一部)もある一方で、名古屋市内でも屈指の商業地域の一角を占める区南東部を中心に愛知芸術文化センター・オアシス21・ナゴヤドームといった現代的な施設もある。また、JR中央本線の東側には大規模な工業施設もあり、太平洋戦争時ほどではないが工業地区としての側面が現在も残っている。
区内には現在筒井・出来町地区に計5両の山車があり、そのうちの4両(神皇車・湯取車・鹿子神車・河水車)は市の有形民俗文化財に指定され、戦後作られた(戦災で失われたものを復元した)王羲之車は山車を引くと演奏される囃子が市の無形民族文化財に指定されている。毎年6月第1土曜日・日曜日に行われる筒井町出来町天王祭では、これらの山車がそれぞれの町内を練り歩くほか、徳川園が整備後再開園した翌年の2006年からは、徳川園内広場に5両の山車が揃う「徳川園山車揃え」が行われている。

  • 不要品について
    対応品目
    ご利用の流れ
    不要品の行方
    法人向け不用品回収サービス
    よくあるご質問
  • サービス一覧
    不要品サービス
    買取サービス
    リフォーム・ハウスクリーニング
    引越サービス
    整理整頓サービス
    遺品整理
  • 当社について
    当社の強み
    プライバシーポリシー
    会社概要
    不要品の買取事例
    スタッフ紹介
  • ご利用いただけるクレジットVISA/JCB/MasterCard/AmericanExpress
  • 万が一の際には損害賠償保険
  • 無料お見積りメールフォーム
  • 各種許可証

    ●産業廃棄物収集運搬業許可証
    愛知県 第 02300166157号
    東京都 第13-00-166157号
    神奈川県 第01407166157号
    千葉県 第01200166157号
    埼玉県 第01100166157号
    ●一般廃棄物収集運搬業許可証
    [安城市]指令25ご推第19-22号
    [愛西市]25愛西環許可番号第17号
    [あま市]第25-12号
    [大治町]25指令大廃棄第9-13号
    [さいたま市]さいたま市廃許可 第359号
    ●家電リサイクル券システム取扱店番号
    223250079616
    ●古物商許可証番号
    第451930006291号 第542791100800号
    ●解体工事業番号
    愛知県知事(登-25)第937号
    ●遺品整理士
    一般社団法人 遺品整理士認定協会

  • 不用品回収スタッフ求人、経験不問
  • 不用品回収にともなう不動産売却は私たちにお任せください!
  • 日本除菌脱臭サービス協会

携帯・PHSからもOK!お問い合わせのみも歓迎!

0120-753-919メールでお問い合わせ